ペット保険に加入して大切な家族を守ろう!

ドッグ

短鼻の小型犬を飼うなら

パグ

家族としてお迎えするには

小型犬の中では骨格や体格もがっちりしており、ぺちゃんこな顔がなんとも可愛らしいのがパグです。見た目の印象が強い愛着を生み出し、人気も高い傾向にあります。そんなパグをぜひとも家族の一員としてお迎えしたいと思ったなら、まずはどこでパグを購入するのかを決める必要があります。基本としてはペットショップかブリーダーを利用することが多いです。しかし、ペットショップの場合は間に仲介業者が入るため、どうしてもブリーダーから直接購入するよりはコストが高くなりがちです。またペットショップではその犬種に合わせた知識や情報もあまり精通していない場合が多いです。それゆえに犬ならばどのような犬種であろうとも、同じような世話や手入れになってしまう場合もよくあります。さらに親犬の血統を探るのも難しいこともありますし、健康状態についてもリスクがある可能性も考えられます。ペットショップを利用する場合は、慎重に健康状態や飼育環境などを確認するようにしましょう。それと比較するとブリーダーの場合、専門的にパグを扱っているためにパグに適した知識や情報を持っています。それによって世話も実施しているため、健康状態の良い子犬が多い傾向にあります。また親犬や兄弟犬なども確認可能ですし、そういった環境で育っていれば、社交性も身に着けることが可能です。さらに何かわからないことや心配事があった際にも、ブリーダーの場合は相談にのってくれることもよくあります。よって購入する際はブリーダーを利用することをお勧めします。しかし、ブリーダーの中には飼育環境が劣悪だったり商業主義であったりする可能性もあるのです。そのため、飼育環境の見学や質問などをどんどんして、事前にブリーダーの良し悪しを確認することを忘れないようにしてください。